キャッシュバック型と商品買取型を比較してみた

キャッシュバック型クレジットカード現金化ガイド
Home » キャッシュバック型現金化 » キャッシュバック型と商品買取型を比較してみた
キャッシュバック型現金化 | 03月01日更新

キャッシュバック型と商品買取型を比較してみた

クレジットカードの現金化はとても便利な方法です。
お金がどうしても必要になった時、キャッシングをするなどして融資を受けるとなった場合にはどうしても審査が必要になってしまいます。
審査にクリアしなければ基本的にはお金を借りることはできないのです。
ですがクレジットカードの現金化の場合には審査が不要であるケースが非常に多いです。
審査をすることなく、ショッピング枠やキャッシング枠に余裕のあるクレジットカードを持っていれば誰でも現金化を利用することができるのです。
ですのですぐにでも現金を手元にほしいと考える方々に非常に人気のサービスとなっているのです。

そんなクレジットカードの現金化には二つの方法があります。
購入した商品にキャッシュバックがついてくるキャッシュバック型と、購入した商品を業者に買い取ってもらう商品買取型の二つがあります。
どちらがいいというわけではありませんし、業者によって行っている方法が異なります。
ですが二つを比較してみたのでどういった違いが出るのかをご紹介しますね。

まず一つ目ですが、現金化を行って現金を手元に手に入れることができるまでの速さを比較するとキャッシュバック型の方が早い傾向にあります。
というのも商品買取型の場合には、どうしても商品をクレジットカードで購入して、さらにそれを買い取ってもらうという流れになり、それに時間がかかってしまうケースがあります。
ですがキャッシュバック型の場合ですと、商品を購入してすぐにキャッシュバックということでお金を振り込んでもらうことができます。
即日振込を行ってくれる業者も増えており、申し込みを行った当日中にお金を手にすることができます。

またキャッシュバック型の場合では専門の業者を利用しなければいけませんが、商品買取型の場合は自分自身でも行うことができるという違いがあります。
自分で何か商品を決めて購入して、それを買い取ってもらうことで現金化ができるのです。

top