キャッシュバック型現金化における必要書類について

キャッシュバック型クレジットカード現金化ガイド
Home » キャッシュバック型現金化 » キャッシュバック型現金化における必要書類について
キャッシュバック型現金化 | 03月01日更新

キャッシュバック型現金化における必要書類について

クレジットカードを使った便利なサービスである現金化が最近とても話題になっていますね。
クレジットカードに付帯しているショッピング枠を現金に換えることができるという方法です。
クレジットカードの現金化については二種類の方法がありますが、キャッシュバック型と呼ばれる現金化の方法の場合比較的スピーディにクレジットカードを現金化できるとして人気となっています。

ではキャッシュバック型現金化を利用する場合には、何か必要書類などはいるものなのでしょうか。
キャッシュバック型現金化を利用する場合は、専門的な業者に対して申し込みを行って現金化を行うという流れになることかと思います。
ですので業者によって異なるケースもありますが、基本的に必要なものとしては自分名義のクレジットカードと身分証明書だけになります。

クレジットカードだけでできるとても便利な方法ですから、中には他人のクレジットカードを悪用しようと考える悪い人もいるのです。
ですのでそういった行為が行われないように、必ず身分証明が必要となります。
身分証明書としては写真付きであるものが望ましいので、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードが適しています。
身分証明書は必ず用意しておくようにしてください。
それから用意するクレジットカードについてですが、必ず自分名義であることが必要です。

それからまたショッピング枠には余裕がある状態にしておいてください。
余裕がないとキャッシュバックがついている商品自体をクレジットカードで購入することができません。
またショッピング枠だけでなくキャッシング枠にも余裕を持たせておく必要があります。
というのもキャッシング枠に余裕がなくていっぱいの状態で、ショッピング枠を使って高額なショッピングをした場合、現金化目的であることが疑われてばれる可能性があります。
規約で違反となっているところがほとんどであり、クレジットカード発行元会社にばれた場合には利用停止処分となる可能性があります。

top