キャッシュバック型現金化の換金率の相場とは

キャッシュバック型クレジットカード現金化ガイド
Home » キャッシュバック型現金化 » キャッシュバック型現金化の換金率の相場とは
キャッシュバック型現金化 | 03月01日更新

キャッシュバック型現金化の換金率の相場とは

審査を受けることなくとても手軽に現金を手にすることができるクレジットカードの現金化は本当に便利なサービスとなっています。
そんなクレジットカードの現金化ですが、現金化を行うにあたってやっぱりどうしても金利は発生することになります。
実質的な金利がかかってくることになるのですが、その実質的な金利の負担を減らそうとするのであれば少しでも換金率が高い方がいいんですね。
ではクレジットカードの現金化の中でもキャッシュバック型現金化の場合ではどれぐらいの換金率となるのでしょうか。

この換金率についてですが、キャッシュバック型現金化の場合には商品を購入して、その商品にキャッシュバックがついており、現金を手にすることができるという方式になっています。
ですので購入した商品の金額と、キャッシュバックされる金額の差が実質的な金利となります。
例えば10万円で商品を購入したとして、キャッシュバックされる金額が8万円であれば80%がこの場合の換金率ということになります。
ではキャッシュバック型の換金率の相場としてはどれぐらいになるのでしょうか。

クレジットカードの現金化にはキャッシュバック型だけでなく商品買取型と呼ばれる現金化の方法があります。
その商品買取型に比べるとキャッシュバック型の方が比較的換金率は低い傾向にあります。
キャッシュバック型の換金率の相場としては大体70%から80%程度となっています。
もちろん利用される現金化業者によって換金率は異なりますので、より換金率の高い信頼できる業者を見つけられたらいいですよね。

中には非常に高い換金率を謳っているものの、実は悪質な業者で詐欺の被害にあってしまったなんて言うケースもありますので、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。
甘い謳い文句には騙されないように注意しましょう。
比較的換金率の低いキャッシュバック型になりますが、現金化の速さは大きなメリットです。
スピーディに現金化ができます。

top